明日はいよいよパラリンピック開会

昨日の横浜市長選挙で自民党・公明党公認の小此木さんは惜しくも次点となり落選しました。オリパラを明日に控えて未だに開催すべきではないとテレビではコメンテイターが力説している。また、このコロナの感染拡大は政府が無能だからといったコメントが多く、オリパラの費用はあとの世代につけが回るだのでたらめだらけで、何の根拠もなくコメントをしており、中には元アイドルだのモデルだの訳の分からない連中が言いたい三昧で聞いていてお前ら本当に国のことを思ってものを言っているのかと首をかしげたくなる。このような悪態をつかれるのだから言われる方はたまったものではない。そのなかでの選挙パラリンピックの開会である。ここまで悪く言われたらそりゃ落選するわなと思うのは僕だけでしょうか?結局、オリンピックは大成功で国民に勇気と希望を与えた。

おそらく、パラリンピックも同じようなことになるに違いないしそこでマスコミ得意の手のひら返しという技を出すに違いない。菅さんも一生懸命やっているのですが、報道がこれでは焼け石に水で本当にかわいそうである。ここで真摯に日本人としてパラリンピックを楽しもうではありませんか。

アスリートが純粋にスポーツに取り組み、頑張る姿を見て感動し、元気をもらう。それ以外には何も考えずに観戦しましょう。それが明日からのパラリンピックの取り組み方です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です