甲子園高校野球大会開催中

夏の高校野球大会も2日目となりました。地元代表の倉敷商は奈良県代表の智弁学園に10対3で破れ姿を消しました。2年ぶりとなるこの大会は朝日新聞社の主催で行われている。朝日新聞社は散々オリンピック開催の反対に論陣をはりオリンピック阻止を訴えてきたが、自分の事となれば事情は違うのかと思う。

オリンピックはダメで高校野球はいいという事は朝日新聞社の言っていることは論理破綻している。自分勝手もいい加減にしてくれと言いたくなる。やはり、金の力には勝てないのかと判断する。このようなマスコミが存在するのである。いつも辛口の政府批判を繰り返し、散々日本を貶めた朝日新聞社はどこの国の新聞社かと思う。従軍慰安婦、南京事件、福島原発の虚偽の報道、石垣島のサンゴ礁事件等、思い出すだけでもこれだけの事件があげられる。

そして、今度はテレ朝のこの時期での乱痴気騒ぎである。もう、マスコミの常識や正義はない。開いた口が塞がらない状態である。

いい加減にしろ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です