アフターコロナの対応は

今、国はコロナの影響で経済的に困窮している企業、個人にきめの細かい支援を用意している。テレビのコメンテーターや評論家はやっている事が後手後手に回り、相変わらず遅くてスピード感が感じられないと揶揄しているがとんでもない勘違いである。個人に与えられる給付金10万はネット申請して1週間以内に振り込まれ、企業に振り込まれる持続化給付金もネット申請して2週間後には振り込まれた。また、企業にたいしての無利子、無担保の融資も書類さえ整えば1週間以内に振り込まれるという異例の速さである。これは自分自身が体験したので良いわかる。これら以外に個人向け給付制度を1日あたり15000円に引き上げたり、一人親世帯への支援、企業への家賃補助の創設、市町村、都道府県の地方自治体の独自の支援、医療従事者への給付金制度の創設等ざっとあげただけでもこれだけの支援策はある。これ以外にも交通機関への支援、文化活動への支援とありとあらゆる分野に惜しげも無く財政出動をしている。これらの事を見るだけでも政府は対応が遅いという人はどこを見ているのかと言いたい。アフターコロナは生活スタイルが大きく変化する。価値観も変化して今までの事が通じなくなるに違いない。マスコミ、野党の方々は現政権の揚げ足とりに傾注するのではなく、もっと建設的な議論をして欲しい。そして、次の時代の羅針盤としての水先案内人のやくをして欲しいのである。コロナの第2波、第3波を防ぎながら日常生活を取り戻さなくてはならない。国民が一丸となって立ち向かおうではありませんか

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です