地方の武漢肺炎対策

日本国中、武漢肺炎で大変な状況です。

安倍総理が2月末から学校を休校依頼して3週間目です。今回、日本政府が取った方法は大正解でした。韓国のように簡易キット

をドライブスルーで検査ができるようにしたのは感染者ばかりが増えて、医療現場の数がついていかない現状になっているようで

す。日本方式は軽い症状の人は自宅で療養を外出しないようにする。重症の人だけが指定の病院で隔離されるというように程度

を分けて対応しているのは素晴らしい発想で、スウェーデンは日本方式を採用とユーチューブで発表していました。地方のにも

感染者が出ていますが、クラスター分析の出来つつあり、収束に向かっているように感じています。これで、コスト面だけの

意思決定は今一度考える時がきたと思っているのは僕だけでないと思います。日本の地方にもう一度光をあてて再認識をする

いい機会です。そして、テレワーク・リモートワークを積極的に導入するきっかけづくりにしましょう。

未来は明るいぞ‼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です