岡山県にも2人目感染

岡山県からも2人目の感染者が出ました。

今やアメリカでももういをふるい、8万3500人になり中国を

抜いて世界1位になりました。イギリスではジョンソン首相

が感染し、収拾のつかないようになりつつある。我が日本は

国民がよく辛抱し、不要不急の外出はしないという指導をよ

く守り、爆発的な感染者はないものの微増の状況です。この

土日は首都圏、愛知県、大阪府、兵庫県は外出しないように

と要請が出ている。しかし、収束後が大きな問題である。今

のように人の往来が出来なくなると当然経済活動は低調に

なるのは必至で商売はお手上げ状態である。ここで良く考え

これからの決断を国はしなければならない。東京一局集中を

是正するいい機会であり、世界の工場として君臨した中国か

らの脱皮をして、国内に目を向ける施策を考える時が来たの

ではないか?今まで首都分散をいくら提案しても絵空事とし

て政府はまともに議論した事は無かった。その反省を踏まえ

て決断すべきで、教訓とすべきではないでしょうか。

軽トラシェルター模型、第2弾

軽トラシェルターの第2弾目を製作しました。前回よりもよりシンプルに考えました。机とソファの構成で煮炊きはカセットコンロ、給水排水はタンクでもってする予定です。

 

 

 

これは寝る時のパターンでつくえを収納して、フルベッドにした時のパターンです。本当はこれにバンク部分を第2のベッドに考えています。第1回目より実用的になったと思いますが如何ですか。

 

いよいよ、現実段階に入ります。まずは図面を書きます。構造図から起こしていきます。できたら少しずつ発表していきます。乞うご期待です。ではまたです。

 

 

 

 

東京オリパラ延期

今日、とうとう東京オリパラ延期と決定しました。

世界中がコロナウィルスに感染し、ドンドン増えていますし収束の道筋が見えないの

が延期の理由でしょうが、今回の決定はあと1ヶ月もすれば収束の目処が立つのでは

という期待が持てた結論でした。仮に日本が早い段階で収束しても、ヨーロッパや

アメリカなどが今でも感染者が増大しており、収束が見えない。また、アビガンのよ

うなワクチンに近い物を持っている国は正しく日本です。この一年を使い日本は他国

への支援を如何にするかを考え出さなければならない立場になり、この機会に世界に

頼られる国に脱却すべきです。74年前敗戦を体験しました。そのため自虐史観に陥

り自信のない国民になりました。この機会に日本の誇りを持ち国際貢献をする機会が

来たのです。いい機会が来ました。今はジッとして国際貢献目指して行動にでましょ

う。しかし、東アジアの国々は気をつけましょう!

軽トラシェルターの試作


今、軽トラに乗せることができるシェルターというかキャンピングハウスというか、

このような品物を考えています。災害時、旅行、キャンプ、サテライトオフィス、

移動店舗などの色々な用途に使えて、尚且つシェルターになるような物です。

何が起こるか分からない現代ではこのような最小限の命を守る装置が必要と考えます

これは模型ですが、順番を追いながら勉強をして現物を製作しようと思います。

逐次このブログに紹介していきますのでよろしくお願いします。

とうとう岡山県にも出ました。

やはり岡山県にも感染者が出ました。60歳代の女性で岡山市の方らしいです。

なったものはしょうがないですが、3月9日から15日までスペインに行ってたらしく

スペインで感染したらしいのですが、この時期にと少し驚きました。家族への感染

は無かったらしく少し安心しました。マスコミは日本が何人の感染者数と死亡者の

数だけが誇張していますが、日本はヨーロッパのようにパンデミック状態にはなって

おらずこの事実は評価すべきと思いますが、どのメディアもこれを評価する所はどこ

も無いというのは日本のメディアはどこを見ているのかと問いたくなる。もっと足元

を見ろよと言いたくなる。隣のK国のやり方を賛辞したりしていたが結果的に見て

医療崩壊との状況になり、日本のやり方が評価する国がでてきている。

武漢から発生した中国ウィルスはどこが発生で原因は何かを中国は原因究明すべきで

被害者面しているのはどうも厚顔恥辱に値する。

ふざけるな!と言いたくなる。不要不急の用事であれば、今は何もせず自宅にいるの

が正解であり、待てば海路の日和ありだな。

地方の武漢肺炎対策

日本国中、武漢肺炎で大変な状況です。

安倍総理が2月末から学校を休校依頼して3週間目です。今回、日本政府が取った方法は大正解でした。韓国のように簡易キット

をドライブスルーで検査ができるようにしたのは感染者ばかりが増えて、医療現場の数がついていかない現状になっているようで

す。日本方式は軽い症状の人は自宅で療養を外出しないようにする。重症の人だけが指定の病院で隔離されるというように程度

を分けて対応しているのは素晴らしい発想で、スウェーデンは日本方式を採用とユーチューブで発表していました。地方のにも

感染者が出ていますが、クラスター分析の出来つつあり、収束に向かっているように感じています。これで、コスト面だけの

意思決定は今一度考える時がきたと思っているのは僕だけでないと思います。日本の地方にもう一度光をあてて再認識をする

いい機会です。そして、テレワーク・リモートワークを積極的に導入するきっかけづくりにしましょう。

未来は明るいぞ‼

安倍総理の決断

2月28日、6時過ぎ、安倍総理の発表がありました。
全国的に15日まで休校にするという決断でありました。賛否両論ありマスコミなどはいろいろなコメントをしています。この先どのようになるのかはわかりませんが、沈静化し、収束して欲しいものです。個人的にはこの決断は大変重いもので、非常事態だからこそ今回の決断に至ったと思います。地方もこれに準拠して判断していますが、殆どの自治体がこの判断に倣っています。この結果は時間がたたないと分かりませんが、総理の判断に賛同する自治体がほとんどであったのは素晴らしい事です。反日だ反政府だとか言っている者もいますが、今回の判断を見て日本も捨てたものではないなと感じました。普段できない事をしたり、考えたり、足元を一度ゆっくりと考えるきっかけにしたらと思います。
とりあえず、嵐を通り過ぎるのをまちましょう!