台湾のコロナウィルス対策

世界中がコロナウィルスで戦々恐々としている。
この写真は台北の夜市の模様である。マスクはしているものの台湾は感染者、死亡者合わせて今のところ29名で極端に少ない地域である。これらの写真を見ても多くの人が町に繰り出し活気があるれる。日本はどうだろうか?観光地のどこに行っても閑散としており、閑古鳥が泣いている状況である。今年はパラオリの年であるが開催が危ぶまれる声もある。日本も台湾のように早い段階から中国との渡航を中止にすべきだったと悔やまれる。また、ダイヤモンドオブプリンセス号の横浜接岸も大きく日本の安全安心を失墜させた原因にもなっている。日本も早い段階で中国、韓国との渡航を一時停止した方が賢明と思う。政府はいろいろな方面に気を使って、昨日の方針を発表したのであろうが、どうも中途半端な内容であった。中国の武漢から発生したこのウィルスは自然界のものではなく、人為的なものであるとの見解もある。何れはハッキリとするであろうが、水際対策をしっかりとすべきであり根源から断つべきである。そこにいくと台湾は非常に早い段階で決断をした。この決断に敬意を払いたい。
今、病院もお手上げでマスコミが脅威を煽るだけ煽って、この責任は今の政治が悪いからだと言っているようである。この状況は注視しなければならない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です