中山間地域のこれから

中山間地域はこれからどうなるの?
という問いが住民の声としてよく聞かれる。中山間地域と言っても様々の環境がある。岡山県を例に取るなら県南、県中央部、県北と3つのゾーンに分けることができます。地方は少子高齢化を何とかストップさせようと必死ですが、なかなか効果が出ないのが現状です。今や首都圏と地方の違いは何でしょうか?住居費、食費、教育、医療、環境、働き口、交通の便等があげられます。 7つの分野について話してみましょう。まず、住居費これは地方の方がはるかに安い。食費はこれも地方が恵まれています。教育は公立小中学校に触れます。日本はどこに行ってもあるレベルの教育を受けることができます。これはすごいことです。医療についてはドクターヘリ等を使えば、緊急時にはOKとなります。環境は地方の方がめぐまれていま。働き口はとかいえば都会の方がたくさんあります。このように見れば地方の方が都会より優れた分野が多いにもかかわらず地方の定住が進まないのです。ちゃんとした情報が伝わっていないの現状のようです。このように地方の方が絶対にいいのです。田舎ぐらしに興味を持っている人はこのような観点から検討してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です